purpose_main_0.3x.jpg

​パーパス

PURPOSE

合体 1.png

なぜパーパスを
追求するのか

 

コンポーネント 8 – 1.png

なぜパーパスを追求する必要があるのか?

パーパスは、個人と組織の両方に良い効果を生み出すことが研究によって解明されています。

● <幸福度の向上>パーパスを持つ若者は、高い幸福度と人生への満足感があるという報告があり、学業の成績とも相関があると言われています。一方、ある研究では「他者を助けたい」「芸術を創造したい」「経済的な成功を収めたい」と考える大学生を調査し、これらのグループの中でポジティブな成果においては大きな差異は見られなかったとしています。若い人にとっては、例えそれが何であれ目標を持つだけでより良い幸福度と満足度を持てるということがわかっています。

● 
<健康促進>若者から老人まで年齢を問わず、パーパスによる身体健康面でのメリットが検証されいます。例えばHarvard’s School of Public HealthのEric Kim氏らの研究では、パーパスへの意識が高い人は意識が低い人と比べて、4年後の身体的な敏捷性が高いことがわかっています。他にもパーパスを持つことには、認知機能の向上や長寿など、重要な利点があるとWashington大学のPatrick Hill氏らは指摘。パーパスを持つことでストレスレベルが低下すること、使命感を持った人は自身のケアへの意識が高まることから、結果的に健康増進に寄与することがわかっています。


● <自己成長>約1,200人のアメリカ人を対象にStanford大学のAnne Colby氏らが行った調査では、より社会的なパーパスを持つ若者はその後の人生で、より大きな自己成長を実感していることがわかりました。他者を助けることを追求した人は、他のタイプの目標を追求した人よりも、明らかに幸福度が高かったのです。

● 
<ウェルビーイングの向上>従業員のパーパスにつながる仕事を与え、そこで成果を出す支援を企業が行うことで、業績や従業員のウェルビーイングを効果的に高めることが明らかになっています。2013年のCore Beliefs and Culture の研究では、「強いパーパスを持っている」と回答した企業の91%が「過去に優れた業績をあげている」と述べていることもわかっています。


● <仲間の獲得>パーパスは、人同士とのつながりから生まれることが多いです。そして、進むべき道を見つけたとき、ほぼ確実に同じ道を一緒歩む人と出会うことができるでしょう。
 

211620_b_right_arrow_icon (2).png

パーパスを追求し新たな道に踏み出した
修了生のストーリーをみる

パーパスとは?
 

パーパスを
養う方法

パーパス起点に
ジョブクラフティング