purpose_main_0.3x.jpg

​パーパス

PURPOSE

合体 1.png

パーパスを
養う方法

コンポーネント 8 – 1.png

パーパスをどのように見出せるのか?

Kendall 氏の調査によると、パーパスを見つけるには「自身にとっての意義深さ」「目標への方向性」「自身よりも大きいビジョン」の3つの要素を持つことが重要です。これまでの過去の自分を内省し、原体験に意味付けをしながら、同時に自分の価値観やより良い世界への希望を深く考える必要があります。

具体的にはどうしたらいいのでしょう?パーパス研究者が勧めるエクササイズ方法を紹介します。


● 魔法の杖:あなたの家、コミュニティ、世界全体など、自身の身の周りの世界をイメージし、「もし魔法の杖があって何かを変えることができたとしたら、何を変えたいか」を思い描いてみてください。そして、なぜその行動を選択したのかを問いかけ、世界をその理想に近づけるための具体的なステップを考えてみましょう。

● 考えうる最高の自分:10年後、20年後の自分を想像してみてください。もし全てが可能な限りうまくいったとしたら、あなたの人生はどのようなものになっているでしょう?未来の自分が何をしているのか、何を重要だと思っているのか、その理由は何か、自問してください。

● ボランティア活動:ボランティア活動は有意義な経験ができるだけでなく、自身の幸福度を上げ、社会の役にも立つものです。同じような価値観を持つ人々とつながることで、思いもよらぬ変化へと導かれるかもしれません。

● 価値観を明確に:パーパスを見極めるのが難しければ、自分がこれまでの人生で大切にしてきた価値感をじっくりと紐解いてみましょう。生まれてから現在に至るまで、時系列で感情のポジティブ度、ネガティブ度を線にして表すライフログを描いてみることも有効です。自身の人生の転換期に、どんな感情を大切にしてきたのか。その奥底にある価値観を見つめてみてください。

● ポジティブな感情を育む:ポジティブな感情は私たちの世界観を広げ、より良い世界へと貢献する行動を起こす原動力になります。特に感謝や畏敬の念は他者を気遣い、人間関係を築き、自分よりも大きな何かとの繋がりを感じるのに役立ちます。Project MINTが定期開催している「パーパスの言語化ワークショップ」では、ご自身の大切にしている感情や価値観を紐解くワークを体験いただけます。(イベント情報はこちら

パーパスとは?
 

なぜパーパスを
追求するのか

 

パーパス起点に
ジョブクラフティング